MAMES/マメズ official web site

株式会社 チカラジュクエンタテインメント

character


No.1 赤鬼
Aka-Oni

明るく元気、楽しいことが大好きで、自由気ままないたずら者。非常に面倒くさがりで、お調子者で、トラブルメーカー。
常にマイペース。この世界では、一番ビックリさせた者が一番エライ世界。赤鬼の夢は、世界で一番怖くなってイケ鬼=鬼の王様になること。色々なお化け達に驚かす技を教えてもらいながら、鼻をほじったり、ポケットに手を突っ込んで、ゆるい日々を送っている。

性別:男
住所:鬼ヶ島餓鬼ストリート2丁目
好物:オニギリ
武器:ピコピコハンマー
口癖:~だぞ!
学歴・職業:八面大王道場に通う。現職業は、砂鉄集めのバイト





No.2 青鬼
Ao-Oni

心優しく、花や生き物が好きな引っ込み思案で恥ずかしがり屋。おまけにお化けのくせに臆病。
しかし飼っている犬がゾンビ。甘いものに目がない食いしん坊。赤鬼の親友で、いつも一緒にいるがくなことがない。友達のためなら勇気を出す一面も。

性別:男
住所: 鬼ヶ島 修羅ストリート
好物:お菓子。特に、陽気な妖怪菓子「Yスナック」
特技:動物と心を通わせる
学歴・職業:八面大王道場に通う。現職業は、砂鉄集めのバイト





No.3 黄鬼
Ki-Oni

ずる賢く、卑怯者。いつもお金と自分の事ばかり考えている。
夢は人気者になり、自分のグッズで大儲けすること。
赤鬼たちはハンドメイドの黄鬼グッズを日々無理矢理買わされている。
強い者には誰にでも媚びへつらう。お金にならないことは、あまりしたがらない。
いまだにオムツを履いているのを秘密にしているが大人な鬼にはバレている。
赤鬼と青鬼とは何だかんだ仲が良い。二人よりも口達者。
一人称は俺。バイトを掛け持ちしている頑張り屋の一面も。いつかは絶対億万長者!

性別:男
住所: 鬼ヶ島  畜生ストリート1丁目
学歴・職業: 様々なバイトを試みる、種族限定の仕事でも着ぐるみを着て参加する。
特技:ピッキングが武器



No.4 緑鬼
Midori-Oni

探求心と好奇心の塊で物知り。
ポンコツなものばかり作る発明家。
変な発明品は、赤鬼たちの良い玩具。

武器:マジックハンドと自分の発明品
声:少々高め。内容は理路整然とだが、テンションの高い早口で何度も聞き返される。基本マッドで何を言っているか分からない。









No.5 黒鬼
Kuro-Oni

珍品コレクターで、ペットもUMA(未確認生物)。
主にスカイフィッシュの育成にハマっている。
自分には何も出来ない事を気にしている。
非力で、特別な能力もなく、足も遅くて、おまけに不器用。
だけど、誰より仲間思いで、アツい奴!
お洒落が好きで、楽観的な小鬼。少々チャラい。
赤鬼とは話がかみ合わないが、黒鬼は楽しいと思っている。
メインストリートの裏路地に住んでいる。

武器:スカイフィッシュと豆鉄砲









No.6 悪路王
Kuro-Oni

性別: 男
住所: 鬼ヶ島 悪路王のちょっとだけ動く城


昔戦闘でやられた傷を隠している。
坂上田村麻呂と戦っていた時はお尋ね者だった。
結婚している。妻は鈴鹿午前。
鬼族最強であり、誰もが憧れるカリスマ的存在。曲がったことが大嫌い。
群れの自分の部下の鬼達を誰よりも大切にしており、仲間を傷つける者は
たとえ神でも許さない。
圧倒的強さに誰も敵わないが、時折その座を狙う者がいる。
ライバルは酒呑童子。
<「吾妻鏡」に記録が残る。坂上田村麻呂がモデルという噂も>







No.7 踊り猫(ボタン)
Odori-Neko

小生意気ではっきりとモノを言い、素直で正直者。
人が言わないことや、図星を指摘するが、 仔猫なので許してニャ。
嫌な事があっても、踊ると忘れる。
皆を元気にする【究極のダンス】を完成し、 世界一のダンサーになる為に、
踊る化け猫に変身する明るい元気な女の子。

性別:女
一人称:ニャー
性格:素直ではっきりとモノを言う、裏表がない。
好きな人の前では照れ屋、男の子に厳しい一面も
好物:ツナ、ツナマヨ、魚、鼠味、カワイイお菓子武器◆ジュエリーケースから飛び出す、世界中の
ダンスにちなんだ武器
口癖:「~ニャ」
職業:ダンサー、ファントムキャッツ

※「鬼ヶ島オブザデッド」では、初舞台でやってきたのだが、オバゾンビ騒動に巻き込まれる。
<目撃談:江戸時代に流行のスタイルや手ぬぐいを被った姿でダンスする姿が!>




No.8 雪男
Yuki-Otoko

性別: 男
血液型:B 型
住所: 雪山 ゆきだるまハイツ
身長:2m 体重:150kg
髪の毛の色: 熊のような毛並み、雪を連想させる水色
老眼、眼鏡はかけていない。
目は氷の結晶、鼻はつるつるにした雪玉、
職業: アイス売り、たまにそれすらもなくなり無職のときも
特技: 雪を降らせる、周りを冷たくする、大きな雪玉を投げる。
妻は雪女。子供は、雪童子、ゆきんこ、ゆきんぼ。
自己中心的で大人になりきれない大人。いい加減な性格。
日々好き勝手に生きるが、一家の大黒柱。社会的秩序は全くなく、無茶な行動が多い。
大好きなアイスを飲み込んでしまってから、脳みそにアイスの棒が刺さってしまい頭がおかしくなってしまった。ほとんどアイスのことしか考えられない。基本家族思いだが、時に盾にして逃げることもある。




No.9 ハヌマーン
Hanuman
性別: 男
出身地: インド
特徴:GATAという法具を武器にし、怪力の持ち主で分身の術を得意とする神様なので、めちゃ強い。モフモフで飛べる。忠誠を誓うラーマ王子とシータ王女が胸に入っている。
愛と勇気を護る神様。
ひょんなことから、赤鬼の友達に。
マンゴーが大好き。力がありすぎて、何事もやりすぎてしまうことがしばしば。モフモフを彼からもらうと飛べる。
「Episode of Hanuman~ハヌマーンの怪」では、悪路王と死闘を繰り広げるが、 現在は、故郷のインドに帰る道中で、神様だから、いろんな人を助けながらなので、なかなかたどり着けない。 また、赤鬼を助けた時にモフモフを使ってしまい飛べない状況なので、徒歩で帰ろうとしている。
←ホワイトバイオレット
ファイアーレッド、ファンキーグリーン、ブルーウィンド、ジョージブラック





No.10 人首丸
Hitokabemaru
別: 男
住所:  鬼ヶ島 悪路王のちょっとだけ動く城
悪路王の弟、大獄丸(おおたけまる)の息子。
鬼界一の美男子
ルックスだけでなく、類まれな才能を持っている。
「鬼ヶ島オブザデッド」では、妖刀を召喚し、その強い妖力でオバゾンビを倒す。現段階で、オバゾンビの正体を暴き、一番状況を把握している。
フィギュアを集めるのが好きらしく、部屋のシーンにそのコレクションが一部みられる。
<目撃談:9世紀ごろ、蝦夷(東北地方)で、坂上田村麻呂率いる朝廷軍に反旗を翻し、ゲリラ戦で挑んだとされている。岩手県江刺市にあった、人首という地名の由来でもあるとされている>









ファントムキャッツ
PHANTOM CATS

普段はみんな飼い猫。
L→R
■猫鬼(びょうき)
名前:TOXIC
鬼族と猫族のハーフ。会場担当。
■踊り猫
名前:BUTTON
No.7参照
■化け猫
名前:DOT
ヒューマンビートボクサー
■猫又
名前:SPLIT
ギター(三味線)
■猫かぼちゃ
名前:PUMP
ドラム・パーカッション



No.11 猫又(スプリット)
Nekomata(Split)

何事も動じない、クールで二枚目。本当はあたたかい
心を持っているが素直に表現できないツンデレ。
親友の形見である三味線を片手に放浪している。
黒い部分が自分、半身は大切な者の記憶で出来ており、
チャックを下すと半身と能力が変わる。非常にクールだが、喉をゴロゴロされると我を忘れるほど弱い。

性別:男
一人称
好物たい焼き武器◆三味線、チャックを下すと能力が変わる
口癖「~グゥウ……」(警戒しているような、
悲しいような感じ)
職業三味線(流しをしたり)、ファントムキャッツ

<目撃談:鎌倉時代の「徒然草」に「奥山に猫またといふものありて、人を食うなると人のいいけるに・・・」と、かの吉田兼好が伝えている>






No.12 化け猫(ドット)
Bakeneko(Dot)


大きな長毛の化け猫。常にリラックスしていて、モフモフとした体で人に癒しを与えるのが得意。
人形を操る。食べ物を前にすると、誰にでもなついてついていく。
飼われているので、朝になると家に帰る
二足の草鞋。

性別:男
一人称 ウニャ
性格 ゆるい
好物 ホットミルク(ぬるめ)武器◆人形、癒す事
口癖 「~ゴロゴロ」職業◆飼い猫、ファントムキャッツ

特技:ヒューマンビートボックス
<目撃談:江戸時代、佐賀の鍋島藩の「化け猫騒動」は芝居で上演されるクラスの伝承っぷり>













No.13 猫かぼちゃ(パンプ)
Nekokabocha(Pump)

猫をいじめると呪いのカボチャを、優しくすると食べれば長生き出来るカボチャを渡してくる。
パンツ丸出しだが、かなりの照れ屋。照れると目が点滅する。
明るいので、虫が寄ってきがち。おやつにつまんでいる。
頭を叩くと音が鳴る

一人称 パンプ
性別:女
好物 カボチャ、虫
武器 呪いのカボチャ
口癖 「~ケッケッケッケ」
職業 ファントムキャッツ
特技:ドラム・パーカッション(リズム隊)

<目撃談:和歌山や伊豆の海辺の村にで、殺した猫を埋めたところ、猫の口からカボチャが生えてきた。それには毒があるという話が伝わっている。おーこわ。>










No.14 猫鬼(トキシック)
Nekooni(Toxic)

鬼族と猫族のハーフ。手から出る毒を操るだけでなく、常に毒舌。
踊り猫のことを「ブス」、化け猫を「デブ」、猫カボチャを「食べ物」、猫又を「根暗」と呼ぶ。
毒舌ゆえにトラブルになることもしばしば…!
鬼ヶ島で化け猫イベントを主催した。雑用もこなす。

性別:男
一人称:ミャオ
好物:フグ、うなぎの血、アワビの肝武器◆手から出す毒
口癖:「ミャオミャオ」
職業:イベンター、ファントムキャッツのあっせん

<目撃談:福島県のある地域で、幻獣として伝えられており、スタッフは湯本豪一先生のコレクションで、それらのスカルを目の当たりに。角の数で妖力や階級が決まるとか(最上級になると、角がなくなる)。>


No.15 五徳鬼(バーナー)
Gotokuneko(Burner)


キッチンにいた、ボケボケしている化け猫。
頭にコンロの五徳をのっけて、料理を運んできたところで赤鬼たちと合流。